スタッフブログ

2018.11.09更新

(2018.11.6の当事務所メルマガより引用)

 植田です。
 今週は、11月9日(今週の金曜日)公開の「ボヘミアン・ラプソティ」をご紹介します。

20181106
  

 この映画は、伝説のバンド「クイーン」のボーカルだった故フレディ・マーキュリーの伝記映画です。
 映画のタイトルにもなっている「ボヘミアン・ラプソティ」、ダンダンタッ!ダンダンタッ!のリズムの「We will rock you」、「We are the champions」など、一度は聞いたことがあると思います。
 先週から全米公開が始まり、音楽伝記ものとしては史上2番目という大ヒットを飛ばしています。

 フレディ・マーキュリーを演じるのは、ラミ・マレックという俳優さんです。
 テレビドラマ「ミスターロボット」の主演などでキャリアを積んだ、ロボット顔の俳優ですが、彼の演技が実にすごい!
 見事にフレディ・マーキュリーを演じています。 

 このクライマックスのライブなどは、是非大音響の映画館で観たいですね。

 当事務所は事務室でBGMを流しているのですが、ここ2週間ほどはクイーン特集です。
 (スタッフには悪いんですが、名曲ぞろいなので大丈夫でしょう?)
 既に予習はバッチリです。

 最近は「絶叫上映」(上映中大声OKの上映)もありますので、ぜひ映画で一緒に歌いたいです。

 

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.11.02更新

(2018.10.30の当事務所メルマガより引用)

 植田です。
 11月2日までの期間限定で、「2001年宇宙の旅」が劇場公開されています。

  20181030

 SF映画といえばこれ、というくらい有名なこの映画の公開50周年を記念して、IMAXでの公開です。

 僕はこの映画は何度か見ているのですが、すべて自宅でDVDなどでの鑑賞でした。
 だから、というわけじゃありませんが、ほぼ必ず寝てしまいました(笑)
 見たことがある方はお分かりと思いますが、静かな音楽が流れてセリフが何もないシーンが多く、眠くなるんですよね。
 しかし、劇場で観ると全然眠くならない!これが驚きでした。

 まず映像の迫力。そして音響。
 モノリスが強力な電波を発し、付近にいた宇宙飛行士が苦しむシーンでは、同じ音を聞いてこちらまで耳をふさぎたくなるほどの迫力で、謎の追体験ができました。

 この映画は難解で意味不明、というのが一般的なイメージですが、実は映画の最初のバージョンでは、すべてを説明するインタビュー画像やナレーションが入っていたそうです。

 しかし、監督である天才スタンレー・キューブリックが、公開直前に全てをカットしてしまいました。
 そのため、いったいどういう物語が進んでいるのかわからず、難解な映画になってしまったのです。

 しかし、その難解さがこの作品を名作にした、と言われています。もしすべてが説明されていたら、ここまで歴史に残るような名画になっていなかったのでは、と。

 そして、いまこの映画を見ると、その世界の未来像の斬新さに驚きます。

 例えば、メインテーマの一つである、宇宙船ディスカバリー号の船長ボーマンと、搭載されたコンピューター「ハル」との戦い。
 AIが発達し、AIと人間との確執が現実のものとなりつつある今、この危機感はまさに差し迫ったものと感じられます。

 あとは、宇宙飛行士たちが船内でタブレット型の端末でニュースを見ながら食事をするシーンがありますが、当時はタブレットはもちろん、パソコンもありませんでした。

 撮影では当時液晶パネルなどありませんので、テーブルにブラウン管を埋め込んで撮影しているそうですが、この発想自体が信じられない気がします。

 今見ても斬新さを全く失っていないこの名作は、今週2日までIMAX劇場で鑑賞できます。
 この次はまた50年後?かもしれませんので、お見逃しなく。

 なお、2001年宇宙の旅は、映画評論家の町山智弘さんが動画で読み解いてくれています。
 もし映画をご覧になるのなら、こちらを見て予習・復習をされると100倍面白く観られます。
 こちらのリンクからどうぞ。

 町山智浩の映画塾!「2001年宇宙の旅」<予習編>【WOWOW】#193
 町山智浩の映画塾!「2001年宇宙の旅」<復習編>【WOWOW】#193


 ちなみに、「2001年宇宙の旅」には、「2010年」という続編もあります。
 2001年の謎が解明される2010年は前作と違って比較的「普通」の映画で、「凡作」と言われるところもあるようですが、僕はこの映画も大好きです。
 もし興味がおありなら、是非こちらもご覧ください。

 

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.10.26更新

(2018.10.23の当事務所メルマガより引用)

山田です。
本日10月23日は【霜降(そうこう)】です。
二十四節気の一つで、露が冷気によって下となって降り始める頃だそうです。
また、今日から立冬(11月7日)までの間に吹く寒い北風を立冬と呼びます。
暑かった9月から、あれよあれよという間にすっかり季節は秋になってしまい、夕暮れも早くなってまいりました。

さて、10月23日は化学の日(モルの日)でもあります。
物質量を表す単位モル(mol)、モルの物質中に存在する粒子の数=6.02×10の23乗(アボガドロ定数)に由来し、6:02、10/23と当てはめ、主に北米の化学者たちがモルを記念する日(午前6:02から午後6:02まで)としてお祝いをしています。
日本でも「化学の日」、「化学週間」として様々なイベントが行われております。

おととい21日(日)は、お台場の科学未来館でも『2018年 キミ×ケミ ~君と見つける化学~』というイベントが開催されました。また、一般社団法人日本化学工業協会でも化学の日のイベントを紹介しています→【夢・化学-21】

余談ですが、化学といえば今月発表されたノーベル化学賞。
各賞の賞金は900万スウェーデン・クローナ(日本円で約1億1,300万円)となっており、日本では非課税となります。(所得税法第九条第1項第十三号ホ)

ノーベル賞の授賞式は、ノーベルの命日である12月10日に行われます。
こちらはノーベル賞ホームページで、世界中から授賞式をライブ中継で見られるそうですので、日本では24時半からと深夜ですが、今年は是非見てみたいと思います。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.10.19更新

(2018.10.16の当事務所メルマガより引用)

 植田です。

 さて、昨年に続き、東京メトロ『地下謎への招待状2018』に事務所総出で参加してまいりました!

 2018101901


 このイベントはもはや説明も要らないかというくらい有名になった東京街歩きイベントです。
 ちょうど僕の母が上京してきたので、事務所のイベントとお上りさん観光を合わせて、やってきました。

 昨年もそうでしたが、謎の難易度はなかなか高く、真正面から解こうとするとパズル好きの人でないとなかなか大変です。
 今年もわが事務所の二人の女性スタッフが名探偵ぶりを発揮してくれて、難問を次々とクリアしてくれました。

 2018101902
 (あらかじめ渡されていた謎解きキット)
 

 今回は10時からスタートし、最後の謎はご飯を食べながら18:30には完全に解くことができました。
 後半はちょっと疲れが出ましたが、楽しい1日でした。

  2018101906
 (野池さんは残念ながらお休みでした、、)


 地下謎とは言いますが、電車を降りて街を実際に歩くので、東京観光としてもとても楽しかったです。
 同行した母と娘も、大仕掛けあり、どんでん返しあり、ゆるい街歩き観光もありのイベントを満喫してくれました。

 とはいえ、かなりの距離を移動しますので、歩きやすい靴がおすすめです!


 2018101905 
(まるで全て解けたかのような雰囲気ではありますが、まだ途中の休憩中です)


 地下謎への招待状は来年1月31日までの開催です。
 秋の行楽シーズン、降りたことがない駅を探検するのも良いですね。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.10.16更新

先週のメルマガでもご紹介をさせていただきましたDECO・マーケティング株式会社様より
すごいお花をいただきました!!

20181016ohana

メルマガ記事へのリンクは『こちらをクリック』してご覧ください!

さて、お届けに来てくださったお花屋さんに伺ったのですが、
札の右下に、茶色いもふもふした植物があります。
こちらはリップスティック・ツリーというそうです。

20181016ohana2

名前も可愛らしくて、さぞかしふわふわした触り心地、と思いましたが、実際に触ってみるとパリパリしております(笑)
ですが痛くはなく、くすぐったいような、不思議な感触でした。

他にもヤシの木の仲間など、普段出会うことができない植物達が事務所を一気に南国リゾートにしてくれました!
仄かな百合の香りも優しいです。

素敵なお花をありがとうございました!

 

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.10.12更新

(2018.10.10の当事務所メルマガより引用・加筆)

20181012 

突然のお洒落な写真から始まりました今回のメルマガですが、お客様のご紹介をさせていただきます!

先月9月、青山にオフィスのご移転をされましたDECO・マーケティング株式会社様の新オフィスに植田がお邪魔してまいりました。
詳細は当事務所メルマガでお送りいたしましたが、過去の記事をご覧になることもできます!

植田ひでちか税理士事務所メルマガ→(こちらをクリック

是非メルマガのご登録もお願いいたします!
メルマガは毎週火曜の朝に発行しております。いつもご覧いただているみなさま、ありがとうございます!

さて、3連休がほぼ毎週のようにあった4週間が終わりました。
ハッピーマンデー制度により3連休が増えた一方、15回と定められた授業回数をクリアするため、授業を行う私立大学は多いです。
秋のシーズンですと敬老の日・体育の日が該当します。
余談ですが、私は大学の前期試験日(海の日)に仕事を入れてしまい、単位を落としてしまったことがあります。
(もちろん履修登録時に日程提示はされておりました)

そろそろ来年のカレンダーを購入される方も多いかとは思います。
来年は天皇即位の関係もあり、最後の平成表記のカレンダーとなります。
私は昭和生まれのため、生まれの年号から平成という年号をまたいで新年号に出会います。大正生まれの祖母は4つ目となります。
なんだか遠い話になってしまった気がしますが、少しでも良い年になればと願っております。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.10.04更新

(2018.9.26の当事務所メルマガより引用・加筆)

台風24号の被害を受けられた皆様には心からお見舞い申し上げます。

9月の最後にやってきた大型台風、あまりの雨風の強さに家の窓が壊れるかと思いました。
翌日も首都圏では倒木等での交通の乱れが続き、自然災害の恐ろしさと、日常の生活の便利さを噛み締めております。

いきなり出鼻をくじかれた感じはありますが、先日10月1日、当事務所の5周年のお祝いとして素敵な物をいただきました。

2018100201

こちらの樽は「角樽(つのだる)」と言い、もともとは室町時代にお酒の運搬用として使われていた柳で作られた樽、「柳樽」が原型になっています。
結納の時は『家内喜多留』(やなぎだる)と表し、一升(一生)入り、商売をしているところには半升(繁盛)入りが縁起物として用いられているそうです。

今回いただきました角樽には、『一升、二枡、五合』が入っているそうです。

『一升(いっしょう)、二枡(ふたます)、五合(ごごう)』
  ↓
※五合は一升の半分なので、半升とします
※二枡(ふたます)を二枡(ますます)と読みます
  ↓
『一升(いっしょう)、二枡(ますます)、五合(半升=はんじょう)』
  ↓
『一生、益々、繁盛』

なんておめでたい角樽なのでしょうか。
私は最初「半升=繁盛」しかわからなかったのですが、教えてもらった際はとても嬉しくなりました。

また、隣の日本酒は日本清酒株式会社の雪原の舞というお酒です。
植田一押しの日本酒ということで、いただく日を楽しみにしております。

2018100202

また、お花もいただきました!
小さい頃はお花のありがたみがわからなかったのですが、あれは外で遊んでいることにより四季を感じていたからでしょうか。
大人になって四季を感じなくなってきてから、花を見て「もうこの季節か~」と思うことが増えました。

寒暖差が大きくなって参りまして、アイスコーヒーよりもホットコーヒーの消費が多くなってまいりました。
繁忙期を前に、風邪をひかないように事務所一同気を付けて参ります。
みなさまもどうぞご自愛くださいませ。

 

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.09.27更新

(2018.9.26の当事務所メルマガより引用)

植田ひでちか税理士事務所はお蔭様で10月1日で5周年となりました。
これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。
今後ともより一層のご指導ご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

さて、5周年記念と称しまして、当事務所税理士、スタッフの紹介を、
趣味、また趣味のおすすめを交えつつさせていただきます。

【税理士】
 ●植田 秀史
  趣味:映画鑑賞、読書、プラモデル制作・鑑賞
  おすすめ:映画は「ロッキー」(最高です)
       読書は「ホモデウス」(ノヴァル・ノア・ハラリ著。前作の「サピエンス全史」もおすすめ)
       プラモデルはおすすめしません。   

 ●千田 啓介
  趣味:歴史探求、音楽・美術鑑賞
  おすすめ:古事記(日本人の起源、価値観がわかります)
       美術館巡り(ひらめきの場です)

【スタッフ】
 ●杉前 早紀
  趣味:音楽鑑賞、バンドでの演奏
  おすすめ:logical emotion(三人組のインストバンド)

 ●野池 宏明
  趣味:映画鑑賞、読書、スポーツ観戦、博物館巡り
  おすすめ:≪映画≫ シン・ゴジラ、スター・ウォーズ・シリーズ
       ≪本≫ 残酷すぎる成功法則、サピエンス全史
       ≪マンガ≫ BABEL、さよなら私のクラマー

 ●山田 知佳子
  趣味:鉄道(乗り鉄)、大相撲観戦
  おすすめ:青春18きっぷでの旅、鉄道フェスティバル@日比谷公園(今年は10/6~10/7)


趣味以外にも全員に子どものころになりたかった職業なども聞いたので、
準備ができ次第ホームぺ―ジにアップしていく予定です!

5周年となります植田ひでちか税理士事務所を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.09.21更新

(2018.9.18の当事務所メルマガより引用)

山田です。
先週10日は東京税理士会麹町支部の懇親会で大相撲秋場所を観に行きました!!
大相撲好きの私としては本当に本当に嬉しいイベントで、
秋場所2日目、この日は3横綱3大関安泰と、幸せでした。

20180918


(撮影は植田のため、写っておりません、、)

また、打ち止め後の懇親会でもたくさんの先生方、また職員の方と交流をさせていただき、
昨年引っ越して来たばかりの当事務所としても貴重な機会となりました。
お話をさせていただきました先生方、みなさま、ありがとうございました。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2018.09.12更新

(2018.9.11の当事務所メルマガより引用)

 植田です。

 先週、大きな地震が北海道を襲いました。
 震源に近い厚真町では大規模な山崩れがおき、何人もの人が土砂の下敷きになって亡くなったそうです。
 被害者の方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆さまにお見舞いを申し上げます。

 僕は母が札幌に近い岩見沢という町にひとりで住んでいます。
 札幌に妹夫婦がいるので普段はあまり心配していませんが、今回はさすがに驚きました。
 結果的に家族も知り合いもみなケガはなく大丈夫だったのですが、大規模停電には困っていました。

 特に母は普段ガラケーをメールと通話のみ使っており、テレビも見られず情報が入ってこない状態でしたから、僕が東京で情報を集め、必要そうなものだけメールで連絡するようにしていました。
 そのため、地震のあった日は仕事をしながら常時地震情報を確認する、なかなか忙しい日でした。

 東日本大震災の時もそうでしたが、災害情報はTwitterが一番便利です。
 今回の地震情報では、大きな情報は次の2つで大体カバーできました。
  NHK生活・防災 @nhk_seikatsu
  特務機関NERV @UN_NERV

 特務機関NERV(詳しくはこちら)はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で出てくる組織ですが、ツイートは架空ではなく現実の災害情報で、極めて正確かつ早いと有名です。
 今回もNHKのツイートよりも大体1、2分早く届いていました。

 この他、ローカル情報として、地元の岩見沢市広報や札幌ローカルラジオ局のAir-Gなどをフォローしていました。
 東日本大震災の時もそうでしたが、災害時のツイッターは公的なアカウントだけフォローするのがポイントで、それ以外の個人のツイートはまた聞きやデマが混じるので、フォローしないようにしています。

 また、停電時は携帯やスマホの電池を以下に長持ちさせるかがキモのようです。
 電気以外の水、ガスなどが使える状態だった母にとって、一番恐ろしかったのは、近くにいる妹たちと携帯電話がつながらなかった時だったと言っています。
 電池を節約して、メールでもやりとりできていればそれほど不安にならないのですが、つながらないとなると怖いんですよね。

 地震のあった日は、停電が長期化することが分かったのが昼前位だったので、暗くなる前に母を避難所に行かせるか、信号が止まり道路状況が分からない中札幌の妹に迎えに行ってもらうか、そのまま自宅に留め置くか、悩ましいところがありました。
 結果的に、妹夫婦が決死行(信号なし、ガソリンスタンドなし、交通量多め)で合流を果たしたので、それなりに安心することができました。

 ただ、電気の復旧は遅めで、母の自宅は一番最後でした。
 また物流はまだかなり厳しく、スーパーやコンビニはものが並んでいないそうですが、今週中くらいには回復するのでは?ということでした。

 今回の事で、当事務所も備えの必要性を再認識しました。
 非常食だけは準備しているのですが、懐中電灯とラジオ(電池式)を注文したところです。

 

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

前へ 前へ
  • メルマガ
  • スタッフブログ