植田ひでちか税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属

お気軽にお問合せください。

植田ひでちか税理士事務所

h.ueda@ueda-cta.jp

セミナー案内

当事務所では、定期的にセミナーを開催しております。
内容は税務に留まらず、起業に必要なノウハウやマーケティングについてなど、広範囲にノウハウをご提供して参ります。

ぜひ一度ご参加ください!

【1月24日開催】創業補助金に採択される事業計画書の書き方セミナー

日時:2015年1月24日

場所:サニー貸会議室(神田)302会議室
東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル

 政府は新しく事業を始める方を対象に、創業補助金の準備を進めています。

 昨年募集された創業補助金は、創業促進事業の一環として、起業・創業や第二創業を行う個人、中小企業、小規模事業者を対象に、広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費の3分の2、200万円を上限に補助するものでした。
 現在検討されている創業補助金も同様のものになると見込まれます。

イメージ画像

 この創業補助金は、平均40%という非常に高い採択率で話題となっています。

しかしながら、採択されるためには、ポイントをしっかり押さえた事業計画を作り込むことが重要になってきます。


 募集開始時期は未定ですが、年度開始の4月よりも少し早く前倒しで始められる可能性が噂されています。

 また、この制度は2週間程の1次締切と、3ヵ月程度の2次締切を設けることが通常で、採択される率を比較すると、1次締切の方が高いという特徴があります。


 つまり、募集を開始した直後にすぐに提出できるようにしておくことで、さらに採択される可能性を更に高くできるのです。

 しかし、事業計画書の作成は平均6週間かかるといわれていますので、今から準備しておくことが重要になってきます。


 今回、これらの点をまとめて、創業補助金に採択される事業計画書のポイントをご説明するセミナーを開催いたします。


 また、セミナー修了後は個別のご相談をお受けする時間をご用意しておりますので、事業を始めようという方、創業補助金の獲得を目指してみようという方は、ぜひご自身のプランをご持参の上、ご参加下さい。



【内容】

・創業補助金の概要

・申請書類

・過去に採択された事例

・採択される事業計画書のポイント

・申請までのスケジュール感

・個別相談(任意)


【講師】

植田秀史(税理士・植田ひでちか税理士事務所所長)


 1994年札幌国税局に入庁後、法人税調査、審理、訟務事務等を担当。2013年同庁を退職し、江戸川区西葛西で税理士を開業。また、国税局在職中の2009年にビジネス・ブレークスルー大学大学院にてMBAを取得。2010年から同大学及び大学院にてティーチング・アシスタントを勤める。現在、税理士としてお客様に寄り添った経営サポートを行う傍ら、経営改善計画策定事業や事業再生の事案なども手がける。



【日時】 1月24日(土)14:00~16:00



【場所】 サニー貸会議室(神田) 302会議室

東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル

http://s-kaigi.jp/access/index.html


【費用】 2000円


お申込みはこちらから

http://peatix.com/event/68105/view

【12月4日開催】忙しいスモールビジネスオーナーのための営業・経理セミナー

日時:2014年12月4日

場所:東京国際フォーラム G棟404号室
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

「忙しいスモールビジネスオーナーのための営業・経理セミナー」お申し込みページ

 12月4日、有楽町の東京国際フォーラム会議室にて、【忙しいスモールビジネスオーナーのための営業・経理セミナー】と題したセミナーを開催します。

 前半は株式会社インサイトパワーズの辻本光邦さんが、営業力についてセミナーを行います。

イメージ画像

 あらゆるビジネスにとって必要不可欠であり、いわば事業の成否を分けるともいえる「営業」。お客様に最適なご提案をし、意思決定を促すクロージングは、誰もが苦労されていると思います。
 講師の辻本さんは、「あの」マイクロソフトで営業担当の執行役員をされた経験をお持ちです。現在はそのスキルを活かして、名だたる大企業を顧客として研修サービスを提供されています。
 今回は、ご自身の経験をベースに、セールスプレゼンで顧客に意思決定を促す技術をテーマに、辻本さんのご経験から具体的で明日から使える営業のスキルとマインドをご説明していただきます。

 後半は、税理士の植田から、クラウド会計システム「Freee」を活用した『全自動経理』についてご説明します。
 スモールビジネスのオーナーは、自分の特技や資格、経験を生かした商品やサービスの提供だけでなく、「経営者」としての仕事もしなければなりません。
 そんな忙しい社長の皆さんに、「全自動経理」が可能な会計システム「Freee」をご紹介します。

 Freeeはインターネットが使える環境であれば、銀行の入出金明細やクレジットカードの利用明細を自動的にダウンロードし、経理処理もほぼやってくれる優れものです。

 今回は、Freeeをうまく使って、月々の経理処理の負担を「限りなくゼロ」にするテクニックや、月次の決算の有効活用方法を中心にお話しします。

 そろそろ年末が近づいているのに今年1年の経営成績が把握できていない!帳面は年に一度、確定申告の時に慌てて付けている!という方は、必見です。

【内容】
前半「セールスプレゼンで顧客に意思決定を促す技術」
1 顧客に意思決定を促すとはどういうことか?
2 顧客の意思決定までのプロセスを知る
3 信頼関係(ラポール)を作る~顧客は売りの場であなたから何を感じ取るか?
4 信頼関係をコントロールする そのために何をするのか?
5 顧客の目標を知る
6 自分の言葉で顧客の目標を語る
7 セールスプレゼンやミーティングの段取りのポイント

後半「クラウド会計ソフトFreeeを活用した全自動経理」
1 なぜクラウド会計か
2 クラウド会計とは
3 Freeeの特徴
4 実際の操作(デモ)
・銀行口座・クレジットカードとの連携
・レジ、交通系、ECとの連携
・Excelなどからのデータ読み込み
5 月次決算の重要性と成果

【講師】

辻本光邦(株式会社インサイトパワーズ代表取締役)


東京外国語大学卒。富士通にて海外の大規模通信システムのプロジェクトマネジメントを経験後、米国ケプナートリゴー社に移籍。同社日本支社長パートナー、アジア大洋州総責任者として、内外の大手企業の役員・管理職研修や戦略立案のコンサルティングに従事。その後、長年の顧客であったマイクロソフトに移籍し、執行役員エンタープライズ・サービス営業統括本部長として、営業の現場で陣頭指揮を執る。2010年株式会社インサイトパワーズ設立。国内、外資系の両方の企業で培った現場での経験と知見を活かし、実践的で成果を出す管理職教育を多くの大手企業で実施している。

植田秀史(税理士・植田ひでちか税理士事務所所長)
1994年札幌国税局に入庁後、法人税調査、審理、訟務事務等を担当。2013年同庁を退職し、
江戸川区西葛西で税理士を開業。また、国税局在職中の2009年にビジネス・ブレークスルー大
学大学院にてMBAを取得。2010年から同大学及び大学院にてティーチング・アシスタントを勤め
る。現在、税理士としてお客様に寄り添った経営サポートを行う傍ら、経営改善計画策定事業や事
業再生の事案なども手がける。

【日時】 12月4日(木)13:00~17:00

【費用】 4000円
(事前にお振り込み下さい。お申し込み後、お手続きをご案内いたします。)

【お問い合わせ】
植田ひでちか税理士事務所
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5丁目1-11-701
電 話:0120-954-486
E-mail:info@ueda-cta.jp
公式HP:http://www.ueda-cta.jp/pc/

補助金が最大200万円支給される『経営改善支援制度』無料説明会のお知らせ

日時:2014年10月8日

中小企業・小規模事業者の経営改善を促進するための
『経営改善支援制度』をご存知ですか。

この制度は、資金繰りや業績悪化に悩む中小企業・小規模事業者に対して、

・金融機関による金融支援
(借入条件変更・借換・借入金一本化・新規融資等)
・認定支援機関のアドバイスと経営改善計画の策定

を、政府が支援する制度です。
平成27年3月までの期限付きで、支援に係る費用の3分の2、最大200万円の補助金が支給されます。

イメージ画像


当事務所では、経営改善支援制度の無料説明会を、10月8日(水)に開催いたします。
今回の説明会では、同制度をどのように活用することができるのか、そのメリットは何かなどについて、詳しくご説明いたします。

● このような方におすすめです
◇ 借入金の返済はしているけれど、いつまでも借入残高が減らない
◇ 毎月の返済額が大きく、会社にお金が残らないのが不安
◇ 銀行借入が多く息子が家業を継ごうとせず、困っている
◇ 売上を増加させたい
◇ コストを削減したい
◇ 黒字体質に転換させたい
◇ 業況悪化の根本的な課題を見つけたい
◇ 従業員に会社の方向性を示したい
◇ 継続的に経営のフォローアップをお願いしたい

 このような制度が実施されるのは珍しく、この機会を逃すと次はないかも知れません。
 また、この制度は経営改善計画の策定や金融機関との調整に時間を要するため、年内が実質的な期限と言われています。

 この機会にぜひ同制度について知っていただき、ご活用いただきたいと思います。

(日時)
2016年10月8日(水)
第1回 13:00~14:30
第2回 15:30~17:00
(各回、内容は同じです。)

(場所)
株式会社TKC 首都圏東SCGサービスセンター セミナールーム
東京都台東区東上野1丁目14番4号 野村不動産上野ビル9階
(東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅から徒歩1分)

(講師)
植田 秀史(税理士・認定支援機関)

 元国税調査官。平成25年7月国税局を退職し、同年10月より江戸川区で税理士事務所を開業。
 2009年大前研一氏が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学大学院でMBAを取得。翌年より同校にてティーチングアシスタントを務める。
 ホームページ:http://www.ueda-cta.jp

(受講料)
無料

(お申込み方法)
 こちらのサイトからお申し込み下さい。
 https://jp.surveymonkey.com/s/MRBQN7R

 また、お電話、ファックスまたは電子メールでも受け付けております。
 ・お電話03-6808-6355
 ・ファックス  03-6800-3696
 ・電子メールh.ueda@ueda-cta.jp

 恐れ入りますが、ファックスまたは電子メールの場合は、
 ・お名前とご役職
 ・会社名
 ・ご連絡方法
 ・第1回、第2回のいずれの参加か

 をご記載ください。


(ご注意)
 各回8名様までの募集とさせていただきます。
 多数のご希望が予想されますので、お早目にお申込みください。

【9月22日開催】【スタートアップ向けクラウドサービス活用勉強会】のお知らせ

日時:9月22日(月)19:00~21:00(開場 18:30)

場所:BBTラウンジ(東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア1F)

スタートアップの方を対象としたビジネスで使えるクラウドサービス(Google Apps、Freee)の勉強会を、9月22日(月)、BBTラウンジで開催します。
興味のある方はぜひご参加ください。無料です!


情報通信技術(ICT)の発展により、コンピュータはもちろんスマートフォンをはじめとするモバイルディバイスによって、ネットワークにつながることは、日常生活の一部になりました。

イメージ画像


ビジネスを進める上でも、ICTの活用は重要な要素となっており、充実してきたクラウドサービスは、数年前までは大企業でなければ導入できなかったICT技術をスタートアップ、中小企業であっても手軽に利用することが可能になりました。

このセミナーは、昨今のクラウドコンピューティングの動向と企業においてコミュニケーションインフラや会計ソフトを導入をするうえでのポイントや事例などを具体的にご説明します。

これから起業を目指そうと思っている方にとって、ご自分の事業へのIT活用のイメージのヒントに活用していただけるのではないかと考えBBT関係者向けに企画しました。

ご興味ある方は是非ご参加ください。


【内容】
・ビジネスに活用できるクラウドコンピューティングの動向
・Google Appsで学ぶクラウド型グループウェアの概要
・クラウド型会計ソフトFreee(フリー)を活用した経理・簿記について


【日程】  9月22日(月)19:00~21:00(開場 18:30)

【場所】  BBTラウンジ(東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア1F)

【参加費】  無料


【講師】

植田 秀史(税理士・中小企業庁認定支援機関・クラウド会計ソフト「Freee」認定アドバイザー)

 1970年、北海道三笠市でケーキ屋の息子として生まれる。
 両親が経営難に苦しむのをみて家業を継ぐのを拒否。新聞配達、パソコン販売、コンビニの店長などを経て公務員試験に挑戦し、国税局に入庁。以後約20年間、国税職員として、税務調査から租税裁判まで経験。
 しかし、父の死をきっかけに中小零細企業を支援する仕事をしてみたいと考えるようになり、ビジネススクールでMBAを取得後、税務の経験と経営管理スキルを活かせる税理士に転職。
 現在、江戸川区で税理士事務所を経営。税理士業務、経営指導等のほか、起業を志す人向けコーチングやセミナーに力を入れて活動中。
 BBT大学院大学(経営管理UF07)、BICサポーター。


小松 健司(株式会社ページワン取締役)

北海道出身。BBT大学大学院GMBA(US11)、BICサポーター(IT分野)
1996年NTTに入社し、約12年間 大手アパレルメーカ様ECサイト構築や大手力代理店様国内ネットワーク構築など流通・サービス業のお客様を中心に技術営業、プロジェクトリードを経験。2008 年より、マイクロソフトの公共営業部門にて中央省庁、地方自治体向けの技術営業を担当、その後、シスコシステムズで中央省庁、公益企業様向けのサービス営業を経験し、本年2月よりページワン取締役として経営企画を担当し、Microsoft社、Google社のパートナーとして、クラウドサービスのマーケティングも担当しています。


【お申し込み方法】

こちらのページからお申し込み下さい。
https://jp.surveymonkey.com/s/M5KTX93


セミナー終了後、近くで懇親会を予定しております。
(参加される場合は実費(3,000円程度)のご負担をお願いします。)

【9月19日開催】経験に基づいたネット通販サイトを成功させる具体的な方法セミナー

日時:2014年9月19日

場所:BBTラウンジ(東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア1F)

大変好評をいただいているECセミナーの第3回開催が決まりました。

 いまビジネスを考える上で、ネットを活用した知名度の向上は必須といえます。

 特にEC(ネット物販)事業は、ただホームページを作れば良いというものではありません。
 いかにして自分のサイトを周知し、閲覧していただくかが最も悩ましい問題です。
 そして、ネット上の知名度の向上は、いわゆる検索エンジン対応、特にリスティング(PPC)広告やSEO対策が欠かせません。

イメージ画像

 そのための具体的なノウハウや戦略について、既に2回開催し、大好評をいただいているECセミナーの第3弾を、開催することになりました。
 講師は、前回、前々回に引き続き、ECサイト支援の専門家である藤森健さんにお願いしています。

 藤森さんは数年前、全くの異業種からECサイトビジネスに参入され、独自の手法でナンバー1サイトに成長させた後、これを売却。現在は品川を拠点に、ECサイト・リスティング広告のコンサル及び代行会社を経営されています。

 セミナーでは、ご自身がゼロからECサイトを開始され、その後どのような成長を遂げたのか、その時必要だった取り組みはどんなものだったのか、どのような取り組みがどのような結果につながったのか、ということを、さらに具体的に語っていただきます。

 ECサイト以外のビジネスに取り組んでいる方にも、ネットでの情報発信の最適化事例として、また成功したビジネス事例としても、参考になるところが多いと思います。

 今回はECを運営する上で必要かつ具体的なノウハウを、これでもかと開示していただきます。

 既にEC事業をされている方にとっては、事業を更に成長させ、利益を上げるヒントが満載です。
また、これからEC事業を始めようと思っている方にとって、ご自分の事業イメージのヒントや、失敗を防ぐ「転ばぬ先の杖」として活用していただけるものと思います。

 ECについて深く学ぶチャンスです!
 今回が初めてという方も、前回参加された方も、ぜひお越しください。

【内容】
 ① 戦略的なノウハウ
 ② 集客力 ~ リスティングとSEO
 ③ 売り場力 ~ サイト構成とランディングページ
 ④ スマホサイトでコンバージョン率を上げる具体的施策

【日程】
 9月19日(金)19:00~21:00(開場 18:30)

【場所】
 BBTラウンジ(東京都千代田区二番町3番地 麹町スクエア1F)

【参加費】
 無料

【講師】
 藤森 健(モネット株式会社代表取締役)

(プロフィール)
 福島県出身。
 両親の会社に10年勤めた後、2009年にモネット(株)を創業。
〝情報とイノベーションを通じて消費者の利益を増大させる” ために奔走中。

 得意分野
  ① EC(ネットショップ)
  ② リスティング広告
  ③ 経営(特に〝組織作り”)
  ④ イノベーション

 モネット株式会社の過去の事業
 ・日本最大の業務用清掃用品ECサイト「Monet!」を1年で
  業界1位に。12年2月に3000万円で売却。

【ご参加方法】
 こちらのサイトからお申込みください。
 https://jp.surveymonkey.com/s/L57D2SD


 セミナー終了後、近くで懇親会を予定しております。
 ぜひご参加下さい。
 (参加される場合は実費(3,000円程度)のご負担をお願いします。)