スタッフブログ

2020.11.19更新

 植田です。

 だんだん寒くなってきました。
 また新型コロナウィルス感染者が増えはじめたというニュースが多くなってきました。

 この病気については、この約1年ほどの間にいろいろなことがわかってきており、総じて、そう恐れる必要はない、と考えています。
 死者数は予想されたよりも低水準で推移していますし、感染した場合の重症化率もそう高くないようです。

 そして、こういった感染症は冬にかけて流行しますので、今この時期に感染者が増えるのはある意味自然の摂理と言えるでしょう。
 とはいえ、感染すれば日常生活に支障を来しますので、マスクの着用や手洗い、密を避ける、といった予防はやるに越したことはありません。

 ただ、疫学的にはそうであっても、経済に対しては心理が大きな影響を与えてしまいます。
 つい数日前のニュースでは、アンケートによると80%の人がコロナに対して不安を抱えているそうです。

 この心理的不安を払拭することを政府はすべきですが、その点はあまり成功しているようには見えません。
 今日、西村大臣が「GOTOは自己判断で」というコメントを出しましたが、このような突き放した姿勢では、国民の不安を払しょくすることはできないでしょう。

 もっと科学的知見に立って、例えば今の感染者の拡大は季節性のものであることなどを伝えたり、医療現場の急激な負担増を避けるために十分で常識的な感染症対策を励行する、といったことも有効でしょう。
 国民の不安に寄り添った当たり前の施策をもっと積極的にやってほしいところです。


 いずれにしましても、皆さまも十分にお気をつけてお過ごしください。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.11.13更新

植田です。
アメリカ大統領選挙はバイデン氏の当確で終結しました。

今回の選挙はかなり前の段階から関心を持って見ていましたが、感じたことは、アメリカは民主主義の国だということでした。

トランプ大統領が「自分が負けたとすれば不正が行われたからだ」という主張を早くからしていたため、各州選管は間違いのない集計結果を出すことに必死な様子でした。

集計所では、過激な支持者が暴力に訴えてくる身の危険を感じながら、係員と共和党、民主党の双方の監視員が入って協力して選挙集計に当たり、慎重にも慎重を重ねて集計作業をおこなっていました。
また、開票が進むに連れて次々に現れる怪しい「不正選挙の証拠」について、どんなにバカバカしいものも丁寧に拾って一つずつファクトチェックし、潰していました。
これまでのところ、噂レベルのものや荒唐無稽のものも含め、全てデマだと立証されています。

そしてアメリカ国民も、特に負けたトランプ支持者も(一部を除き)、選挙の結果を尊重していました。

僕は、トランプ支持者が選挙無効を訴えて暴力沙汰になると予想していましたが、ふたを開けてみるとそのようなことはほとんど起こらず、ほぼすべての人が選挙の結果を固唾を飲んで待っていました。
そして結果が出た今、大きな混乱も暴力もなく、アメリカ各都市はお祭りムードに包まれています。

このメルマガが出るころトランプ大統領が敗北を認めているかわかりませんが、少なくともアメリカの多くの人は選挙の結果を尊重する考えであるのは間違いないようです。

今は、このまま平和的に政権移譲がなされることを心から祈っております。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.11.04更新

 植田です。

 先週の金曜日、俳優のショーン・コネリー氏が亡くなりました。90歳でした。

 001

  

 初代ジェームズ・ボンドとして有名な方で、僕が「007は二度死ぬ」をテレビで見た時が初めてでした。

 コネリーは一度007を引退しましたが、その後1983年「ネバーセイ・ネバーアゲイン」で007を再演。
 僕はこれを映画館で観て、この人がすっかり好きになってしまいました。


 印象に残っているのは、「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」での、インディの父ヘンリーでしょう。

 002
 
  

 とぼけた世間知らずの学者親父が強烈で、忘れられません。

 003

 
  

 特にこシーンの親子の会話、爆笑です。

 大好きだったので、この人の映画は何本も観ました。公開年順でご紹介すると、
 ・「薔薇の名前」敬遠な神父探偵が謎を解き明かすミステリ
 ・「アンタッチャブル」ケヴィン・コスナー主演の名作
 ・「ファミリービジネス」ダスティン・ホフマン、マシュー・ブロデリックと祖父・父・子の3代で大泥棒を働く話
 ・「レッド・オクトーバーを追え」冷戦下のソ連原潜の艦長を強烈に演じてます。
 ・「ロシア・ハウス」レッド・オクトーバーと一転して静かなスパイ映画。
 ・「ザ・ロック」ニコラス・ケイジとエド・ハリスも強烈でした。
 ・「ドラゴン・ハート」声だけの出演なのに映画館まで観に行ってしまいました。
 ・「アヴェンジャーズ」マーベルのあれとは別物。シュールでキュートな悪役を演じてます。
 ・「小説家をみつけたら」オチが美しい静かな感動作。
 ・「リーグ・オブ・レジェンド」最後の出演作となってしまいました。


 2006年にアメリカ映画協会の賞を受賞した時のインタビューで「もう引退するよ」と答えていたのが残念で、もしかしたら何かで復帰してくれないかと期待していたのですが、天国にいってしまわれました。
 一ファンとして、心からご冥福をお祈りいたします。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.10.12更新

 植田です。

 涼しくなったと思ったら今度はむしろ寒いくらいの天候ですね。
 特にこ先月9月は19日連続で雨だったそうで、気分もいまひとつ優れません。
 
 ところで、10月1日は、当事務所の創立記念日です。
 おかげ様で7周年を迎えることができました。

 これもお客様、そして日々支えてくれているスタッフの皆さんのおかげです。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.09.16更新

 植田です。

 今週18日から、クリストファー・ノーラン監督の新作「TENET(テネット)」が公開されます。

 20200916TENET

 長く続くコロナウィルス対策による劇場の封鎖で、今年は夏シーズンの新作映画、特に大作映画の公開が軒並み先送りされましたが、その復活第1弾、と言えるのがTENETです。
 監督のクリストファー・ノーランは、「インターステラー」「ダンケルク」「インセプション」「ダークナイト三部作」などの大作を手掛けたトップクリエイターで、今回も大変な期待作です。

 ただ、ノーランの映画は非常に特徴があります。「時間」をテーマにした、非常に複雑な時間軸の映画が多いのです。

 例えば、ダンケルク。この映画は、第二次世界大戦中、ダンケルクという町に追い詰められた40万の連合軍兵士を民間船などが協力して命がけの脱出作戦を展開したという史実に基づいた映画です。
 映像の迫力もさることながら、この映画は3人の主人公、ダンケルクに残された兵士、それを救出に向かう民間の船長、飛行機で支援するパイロットをそれぞれの視点で描きながら、それぞれ全く違う時間軸で話が進んで、最後に収束するという複雑な展開になっています。


 また、インセプション。
 この映画は、眠っている人の夢に侵入して機密を盗む産業スパイの話ですが、夢の中で夢をみて、その中でまた夢を見る、というふうに段階が進むごとに時間の進みが遅くなっていく、という設定になっています。
 そのため、車が橋から川に飛び込んで着水するまでの2,3秒が、次の夢のレベルでは20分、その次では60分、という感じで引き延ばされていきます。そして目覚めと共に収束していき、最後には現実に戻る、ということになります。


 さらに低予算ですが、「メメント」という映画もあります。
 この映画は、頭にケガをして記憶が10分しか維持できない男性が、自分の妻を殺した犯人を捜そうとするサスペンスです。
 記憶が10分しか維持できないので、10分経つとそこがどこで、なぜそこに自分がいるのか、それすらわからなくなります。

 映画では、それを観客が疑似体験できます。というのは、この映画はラストシーンから始まり、途中回想シーンを挟みながら、逆回りで進んでいくのです。

 例えば、主人公がいきなり酒の瓶を持ってトイレで座っていて、あれ、何でこんなところにいるんだ、と思い、気を取り直してシャワーを浴びていると、突然知らない男が入ってきて格闘になります。
 そしてその次のシーンでは時間が遡り、主人公がある男を襲おうと思い、トイレで(酒瓶を武器として持って)待ち伏せする、ということが語られ、そこで観客はああ、こうやって待ち伏せしていて、10分経ってそれを忘れてしまったのか(しかもシャワーまで浴びて寛いでたのか)、ということがわかるというわけです。
 
 そんな時間を自在に操るノーラン監督ですが、今回のTENETも時間がテーマ。時間を逆戻りする悪の組織と戦うスパイ映画です。
 なんだかこれだけではサッパリですが、予告などを見ると非常にスケールの大きいアクションが逆回しのように展開するシーンがあり、相当複雑な話になりそうです。
 また、ノーラン監督はCG嫌いで有名です。今回も予告編でジャンボジェット機が格納庫に突っ込んでいくシーンがありますが、CGじゃなく実際にジェット機を(1機購入して)突っ込ませています。
 そういうアクションを見るだけでも楽しそうです。
 
 満を持して公開される大作映画。
 ぜひ(マスクをして)劇場で楽しもうと思っております。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.09.01更新

 植田です。

 しばらく休んでしまいましたが再開いたします。
 今週はタイムリーな話題を2つお届けします。

 残念ながら、2つとも悪いニュースです。

 昨日31日、新型コロナウィルスについて、ワシントン大学の保健指標評価研究所が、今後の死者数の予想を発表しました。

 これはなかなか衝撃的な発表で、アメリカは12月までに死者32万人(今日現在18万人)に達するほか、日本の死者数も6万人に達すると予想されていることです。

 コロナによる死者数は今日現在までで1200人ほどですが、これが3カ月で50倍にもなるという予想はにわかには信じがたいことでした。

 しかし、日本は直近1カ月のコロナによる死者数が200人を超えており、これはカナダ(200人)と同じ水準。フランス、イギリス、イタリアの300人超に次ぐ水準となっています。

 これを見ると、アジア圏の死者数は欧米に比べて少ないという、いわゆるファクターXを考慮しても、感染が拡大することで死者数も増加するというシンプルなロジックで計算されているように思われ、一定の信ぴょう性があると思われます。

 そしてもしこの予想通りとすると、10月中頃から死者数が顕著に増えはじめ、11月に入ってから1日100人位ずつ死者数が増えていく(1日100人ずつ亡くなるのではなく、今日は200人、次の日は300人というふうに、死者が100人ずつ増加していく)という悪夢のような予想です。

 海外では、日本は(アメリカと同じく)政府がコロナ対策をほぼ何も行われていないと評価されており、今のままで行くとこうなりかねない、という警告だと思います。

 また、コロナも含め、ウィルス性感染症のピークは冬にきます。

 今のところ死者も少なく、コロナを侮った意見も多く聞きますが、もし6万人亡くなれば、今とは景色が全く違うでしょう。

 アメリカの死者数は現在18万人。人口は日本の2.5倍なので、同じ割合で死者が出ていれば日本で7.2万人の死者が出ている計算になります。そう考えると6万人というのは決して荒唐無稽な数字ではありませんし、これだけ亡くなっていたら経済どころの話では無くなるでしょう。
 警戒を緩めるのは早すぎるように思われます。

 これを踏まえて、顧客の皆さんには次のようなアドバイスをしています。

・コロナは早くても来年の春位まではまだまだ終息しない。見切り発車で積極投資に出る時期ではない。
・キャッシュを確保すること。できれば今のうちに借入を増やしてキャッシュを確保し、不測の事態に備えること。 
・ただ、恐れ過ぎない、備え過ぎないことも大事。冷静に必要十分な準備をし、客観的に状況を見ておくこと。
・手洗いと混雑時のマスクは忘れずに。

 今はこの予想が外れることを心から祈っております。
 


 もう一つのニュースは、アメリカの俳優、チャドウィック・ボーズマンが42歳の若さで亡くなったことです。

 20200901

 ボーズマンといえば、マーベルの「ブラックパンサー」。

 ブラックパンサーは当時マーベル作品の最高収益を記録する傑作でしたし、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の中でも極めて重要なキャラクターでした。
 彼は数年前から大腸がんを患い、ブラックパンサーもその後のアヴェンジャーズ(インフィニティ・ウォー、エンドゲーム)も、闘病しながらの撮影だったそうです。

 ボーズマンは活躍を期待していたので、訃報に接した時は自分でも驚くほどショックを受けてしまいました。本当に惜しい方が旅立ってしまったと思います。
 ご冥福を心からお祈りします。


 来週はいいニュースがお届けできますように。

 

(参考リンク)

 ワシントン大学保健指標評価研究所(日本の予想統計)
 https://covid19.healthdata.org/japan?view=total-deaths&tab=trend

 チャドウィック・ボーズマン(ウィキペディアリンク)
 https://bit.ly/3bbfrzt

 文中のボーズマンの写真は、本人のツイートから転載。
 https://bit.ly/32AtScC

 ブラックパンサー(Amazonプライムビデオ。Disneyプラスでも観られます。)
 https://amzn.to/3jzEzmN

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.04.07更新

(2020.3.31の事務所メルマガより転載)
※文中の数字・支援策等は最新のものをご確認ください

-----------------------------------

 植田です。

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。
 日本はまだ記録上の感染者が少ないと言われていますが、アメリカのニューヨークが3週間前には今の日本と同じ状況だったこと、そして今日現在で3万人の感染者、1000人にも上る死者を出していることを考えると、決して油断できない状況です。

 このような状況を受けて、政府では様々な支援策が検討されているようです。
 現在のところ出ているもので主なものは、以下のものがあります。
  ・所得税の申告期限が1カ月延長され、4月16日になった。
  ・納税が困難な方が利用できる換価の猶予申請の要件が緩和された。
  ・社員を休業させた期間の給料に対する助成金が拡大された
  ・公的金融機関の融資要件の緩和

 他にも納税猶予の拡充などが検討されているようですが、今日の時点では具体的なものは示されていません。

 また、今回の件にかかる自粛要請で事業に大きな影響を受けている事業者もありますが、それに対する支援策はほぼ何も出ていません。
 さらに、休業などの影響で収入が減る方に対する経済支援も小粒で、要件をあれこれ検討している段階で、具体的にいつになるやらという状況です。

 他国では驚くような経済支援策を次々と打ち出してこの難局を乗り切ろうとしているニュースが入ってきます。
 わが国でも本腰を入れてこの問題に取り組んで欲しいものです。

 業績悪化によるキャッシュフローの改善や借入支援について、ご相談が増えております。
 もしご心配やお悩みがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

 日本で戦う全ての人が、安心して過ごせるように、一日も早い終息を願ってやみません。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2019.12.25更新

 代表の植田です。
 今年最後のメルマガになりますので、ご挨拶をさせていただきます。

 平成から令和に代わったこの年も矢のように過ぎました。
 おかげ様で当事務所も多くのお客様のご支援とご協力を賜り、無事に1年を過ごすことができたことを、とてもありがたく思っております。
 本当にありがとうございました。

 また、開業6周年の節目に、税理士法人ユリウスとして再スタートを切ることになりました。
 開業以来ひとりでやってきた税理士事務所ですが、パートナーである千田税理士の協力と、いつも支えてくれるスタッフのおかげで、法人として生まれ変わることができました。
 これも普段から応援していただいているお客さまや友人の皆さんのおかげと、本当に感謝しております。

 税理士法人ユリウスの社名は、古代ローマ時代の偉人であるユリウス・カエサルから来ています。

 カエサルは、戦えばどんなに不利でも必ず勝つ常勝の将軍であり、その後1500年近く続くローマ帝国の礎をグランドデザインした、類まれな先見性を持つ政治家でした。
 また、今の時代失われつつある「多様性への寛容」を政治信条とし、敵として戦った蛮族やローマ人の政敵でさえ、戦って勝った後は全て仲間として許し受け入れました。
 そうして古代ローマ帝国は、時代とともに変わっていくことで、さらに強くなっていきました。

 そのような偉人には、足元どころかはるか遠くから望むことくらいしかできませんが、少しでも近づきたく、高い理想を忘れずに、今後も業務に邁進していきたいと考えております。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 季節柄、体調を崩しやすい気候が続いています。
 年末年始に向け、どうか健やかにお過ごしください。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2019.09.25更新

 植田です。お久しぶりのご挨拶です。

 実は9月頭の金・土と、娘の学校のイベントで、富士登山に挑戦してきました。
 娘の通っている学校は、3年に1度富士登山があるのです。子供一人につき親も一人、必ず同行することになっています。 
 このため、今年に入ってからずっと戦々恐々としてきましたが、とうとう本番になってしまいました。

 まず、5合目までバスで移動。そこはもう2000m以上の標高があるので、空気が薄くなっています。
 ここで2時間ほど潰して体を慣らします。ちなみに、5合目では富士山メロンパンを売ってます。(270円)

 20190910_01


 高いけどおいしかったです。

 そして昼頃出発。
 まずは軽い散歩くらいの感じで6合目に到着し、そこから本格的に斜面を上がっていきます。

 20190910_02

 娘が持ってる棒は富士山の名物で、これをもって登り、途中の山小屋で記念の焼き印を入れてもらいます。
 (すべて有料で棒が1,000円位、焼き印は1回300円~)

 途中の山小屋でトイレ休憩を取りながら、7合目にある山小屋を目指します。
 ここまでは案外楽で、夕方には山小屋に到着しました。

 途中曇っていたのですが、雲の上に上がると晴れ初め、山小屋ではなかなかの眺望を楽しめました。
 下の写真の中央右は、ふもとの雲に映る富士山の影です。日が暮れるにつれて影が長くなっていき、先の方では空気に影が映って立ち上っているように見えます。

 20190910_03

 さて、山小屋で食事の後19時消灯。仮眠をとり、翌朝4時出発します。
 当然外は真っ暗でしたが、天気は良く、星がとてもきれいでした(スマホのため写真撮れず)
 この時、子供たちの数人が高山病になってしまいました。空気が薄いため意識して深呼吸をするのですが、眠っている間はそれができないため、起きたときに高山病になってしまうことがよくあるそうです。
 結果的に、3人の子供が登頂を諦めてリタイア。親と一緒に一足先に下山します(親が同行するのはこのためです)。

 僕と娘は二人ともとりあえず大丈夫で、4時に登山スタート。
 ここからしばらくは厳しい岩場になりました。

 そして5時頃、岩場に座ってお弁当を食べながら、御来光を拝みました。

 20190910_04

 

 もうここで帰りたい、と少し思いつつ、道はさらに上へと続きます。
 しばらく岩場を這い上がる感じで登っていきます。

 20190910_05

 
 こんな感じの斜面を登ります。
 途中から岩場を抜け、斜面をジグザクに上っていきます。

 20190910_06

 

 もうこの辺りになると空気は薄いし疲れも溜まってきてあまり元気がなくなってきます。
 途中山小屋がありますが、ほとんどトイレ休憩ぐらいで、どんどん上がっていきます。

 今回は1年生から3年生までの低学年グループなのですが、子供たちも弱音を吐かず、頑張って登っていきます。
 特に1年生の子は途中苦しくて泣きだす子もいましたが、周りの人に励まされて、また自分の足で登り始めます。
 
 ちなみに、山小屋はそれぞれ食事や宿泊ができる設備があり、水や食料を買うこともできます。
 ただ、高いです(笑)

 20190910_07

 
 山小屋価格
 なお、ラーメン800円を頼むと、カップヌードルが出てきます。

 (長くなってきましたので後編につづきます)

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2019.06.17更新

 植田です。
 年初から糖質制限ダイエットをやってます、と皆様にご報告しておりましたが、その続報です。

 といっても、おかげさまでリバウンドなどはなく、今のところ年初の体重ー4Kgのラインをキープできております。
 期待されてた方、すみません(笑)

 とはいえ、実は最近恐ろしい記事を読みました。
 極端な糖質制限は、寿命を短くするという実験結果が発表されたのです。

 極端な糖質制限、寿命に影響か=動物実験が示唆-東北大

 これは、マウスを使った実験で極端な糖質制限を行った場合、糖質制限をしなかったマウスに比較して2割も寿命が短くなったというものです。
 それだけでなく、糖質制限したマウスはほかのマウスに比べて記憶力も減退したそうです。

 これを読んで、僕もちょっと怖くなりまして、少し糖質に当たるパンやご飯も食べるようにしたのですが、今回の糖質制限ダイエットは食べる量は制限しない方法なので、結構食べてしまうんですよね。
 そして、それが今です。
 イマココ。
 つまり、次回はもしかしたらリバウンド祭りになっているかもしれません(笑)

 一方、上の記事に反論した記事が週刊文春にも掲載されました。

 「糖質制限で老化する」は本当か  衝撃の研究結果を徹底検証する

 これによると、まあ一言でいって「よくわかんないけど、そんなに心配しなくても大丈夫よ?」という感じでしょうか。

 結局、まだ正解はわからない、ということだと思います。
 個人差もあるでしょうから、心配しすぎず、自分の状態を注意深く見ながらやるのがいいんでしょうね。

 自己チェックといえば血液検査ですが、来月また献血ができるようになるので、そうなったら自分がどうなのか?改めて確認してみたいと思います。
 前回は総コレステロールが爆上げしてショックで寝込むところでした(笑)
 次はひどいことになっていませんように・・・。

 

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

前へ
  • メルマガ
  • スタッフブログ