スタッフブログ

2020.11.19更新

 植田です。

 だんだん寒くなってきました。
 また新型コロナウィルス感染者が増えはじめたというニュースが多くなってきました。

 この病気については、この約1年ほどの間にいろいろなことがわかってきており、総じて、そう恐れる必要はない、と考えています。
 死者数は予想されたよりも低水準で推移していますし、感染した場合の重症化率もそう高くないようです。

 そして、こういった感染症は冬にかけて流行しますので、今この時期に感染者が増えるのはある意味自然の摂理と言えるでしょう。
 とはいえ、感染すれば日常生活に支障を来しますので、マスクの着用や手洗い、密を避ける、といった予防はやるに越したことはありません。

 ただ、疫学的にはそうであっても、経済に対しては心理が大きな影響を与えてしまいます。
 つい数日前のニュースでは、アンケートによると80%の人がコロナに対して不安を抱えているそうです。

 この心理的不安を払拭することを政府はすべきですが、その点はあまり成功しているようには見えません。
 今日、西村大臣が「GOTOは自己判断で」というコメントを出しましたが、このような突き放した姿勢では、国民の不安を払しょくすることはできないでしょう。

 もっと科学的知見に立って、例えば今の感染者の拡大は季節性のものであることなどを伝えたり、医療現場の急激な負担増を避けるために十分で常識的な感染症対策を励行する、といったことも有効でしょう。
 国民の不安に寄り添った当たり前の施策をもっと積極的にやってほしいところです。


 いずれにしましても、皆さまも十分にお気をつけてお過ごしください。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.11.13更新

植田です。
アメリカ大統領選挙はバイデン氏の当確で終結しました。

今回の選挙はかなり前の段階から関心を持って見ていましたが、感じたことは、アメリカは民主主義の国だということでした。

トランプ大統領が「自分が負けたとすれば不正が行われたからだ」という主張を早くからしていたため、各州選管は間違いのない集計結果を出すことに必死な様子でした。

集計所では、過激な支持者が暴力に訴えてくる身の危険を感じながら、係員と共和党、民主党の双方の監視員が入って協力して選挙集計に当たり、慎重にも慎重を重ねて集計作業をおこなっていました。
また、開票が進むに連れて次々に現れる怪しい「不正選挙の証拠」について、どんなにバカバカしいものも丁寧に拾って一つずつファクトチェックし、潰していました。
これまでのところ、噂レベルのものや荒唐無稽のものも含め、全てデマだと立証されています。

そしてアメリカ国民も、特に負けたトランプ支持者も(一部を除き)、選挙の結果を尊重していました。

僕は、トランプ支持者が選挙無効を訴えて暴力沙汰になると予想していましたが、ふたを開けてみるとそのようなことはほとんど起こらず、ほぼすべての人が選挙の結果を固唾を飲んで待っていました。
そして結果が出た今、大きな混乱も暴力もなく、アメリカ各都市はお祭りムードに包まれています。

このメルマガが出るころトランプ大統領が敗北を認めているかわかりませんが、少なくともアメリカの多くの人は選挙の結果を尊重する考えであるのは間違いないようです。

今は、このまま平和的に政権移譲がなされることを心から祈っております。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.11.04更新

 植田です。

 先週の金曜日、俳優のショーン・コネリー氏が亡くなりました。90歳でした。

 001

  

 初代ジェームズ・ボンドとして有名な方で、僕が「007は二度死ぬ」をテレビで見た時が初めてでした。

 コネリーは一度007を引退しましたが、その後1983年「ネバーセイ・ネバーアゲイン」で007を再演。
 僕はこれを映画館で観て、この人がすっかり好きになってしまいました。


 印象に残っているのは、「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」での、インディの父ヘンリーでしょう。

 002
 
  

 とぼけた世間知らずの学者親父が強烈で、忘れられません。

 003

 
  

 特にこシーンの親子の会話、爆笑です。

 大好きだったので、この人の映画は何本も観ました。公開年順でご紹介すると、
 ・「薔薇の名前」敬遠な神父探偵が謎を解き明かすミステリ
 ・「アンタッチャブル」ケヴィン・コスナー主演の名作
 ・「ファミリービジネス」ダスティン・ホフマン、マシュー・ブロデリックと祖父・父・子の3代で大泥棒を働く話
 ・「レッド・オクトーバーを追え」冷戦下のソ連原潜の艦長を強烈に演じてます。
 ・「ロシア・ハウス」レッド・オクトーバーと一転して静かなスパイ映画。
 ・「ザ・ロック」ニコラス・ケイジとエド・ハリスも強烈でした。
 ・「ドラゴン・ハート」声だけの出演なのに映画館まで観に行ってしまいました。
 ・「アヴェンジャーズ」マーベルのあれとは別物。シュールでキュートな悪役を演じてます。
 ・「小説家をみつけたら」オチが美しい静かな感動作。
 ・「リーグ・オブ・レジェンド」最後の出演作となってしまいました。


 2006年にアメリカ映画協会の賞を受賞した時のインタビューで「もう引退するよ」と答えていたのが残念で、もしかしたら何かで復帰してくれないかと期待していたのですが、天国にいってしまわれました。
 一ファンとして、心からご冥福をお祈りいたします。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.10.29更新

来週が11月という事実に驚いています、山田です。

巷で話題の「鬼滅の刃」、すごい人気ですね。
先日のスペシャル版のテレビ放送で、私も初めて観ることとなりました。
特に避けていたわけではないのですが(笑)、映像も綺麗で、私はとても楽しめました。

10月26日時点での情報ですが、公開から10日間で興行収入が100億円を突破したそうです。

なにより、コロナで寂しくなってしまっていた映画館が盛り上がっている。これだけのことですが、近所に映画館がある身としてはとても嬉しいです。

緊急事態宣言で閉鎖された4月5月、緊急事態宣言が明けたが人が戻ってこなかった6月以降。ようやく人が映画館に戻ってき始め、そして今回の鬼滅の刃フィーバー。

もちろん映画館も、観に来る人も、決してコロナを忘れたわけではなく、飲食や座席の制限は続いています。

それでも、今年は楽しみにしていたものが奪われ続け、たくさん我慢をすることになった子どもたちが得た「映画館で映画を観る」という体験が、少しでも日常を忘れられ、そして記憶に残るものになってもらえればと願っております。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.10.21更新

山田です。
あっという間に季節が変わり、先週土曜日(10/17)の東京は凍えるような寒さでした。
慌てて毛布を出したり、エアコンをつけたりしましたが、もうそんな季節なのかと驚くばかりです。

さて、そろそろ「保険料控除申告書」が送られてくる季節となり、年末調整の足音が聞こえてまいりました。
本年は年末調整の電子化が大きな変化のようで、テレビCMでも取り上げていますね。

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/nencho.htm (国税庁HPより)

リンク内にも記載がありますが、従業員の方への手順の説明、周知が大変なように感じます。

(以下、作業手順抜粋)

 1 従業員が、保険会社等から控除証明書等を電子データで受領
 2 従業員が、国税庁ホームページ等からダウンロードした年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(※)に、住所・氏名等の基礎項目を入力し、
   1で受領した電子データをインポート(自動入力、控除額の自動計算)して年末調整申告書の電子データを作成

(抜粋終わり)

新しいものはなんでもやってみなければわからないですが、これを見た感じでは、最初のハードルで躓きそうなのは私だけでしょうか、、。
また何か新しい情報があれば少しずつお知らせしたいと思います。

今年も残すところあと2か月半ですね。
風邪をひかないように、免疫力を下げないように、事務所一同頑張っていきたいと思います。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.10.16更新

山田です。

先月初旬のメルマガで胃腸炎になったことをお伝えいたしましたが、その続報をお送りいたします。
結局、絶食開始~2週間はほぼ会社に行けずにテレワークを、またその次の週は体力がとにかく落ちてしまっていたので、短時間で出勤をさせてもらっていました。

体力は落ちましたが、すっかり体内から毒素が抜け落ちたのか、体調や気分がとにかく良く、
8月は頭痛、疲れやすさ、肌荒れ、睡眠の質の低下などが著しかったのがすっかり解決していました。
いままで栄養を過剰に摂取していたことを思い知らされました、、。

せっかくなので、食事量を記録するアプリで体重の維持、栄養素の確認などをすることにしました。
幸い現在までリバウンドもなく、食事の質もだいぶ改善されたような気がしております。

あの絶食・食事制限のお蔭で、「体は食べたものでできている」ということを身をもって感じました。
今も食べる量が減ってしまったので、プロテインのお世話になっております(笑)

これから寒くなり、インフルエンザ、胃腸炎、さまざまなウイルスが入り乱れる冬となりますが、
どうぞみなさまも免疫力アップでご自愛ください。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.10.12更新

 植田です。

 涼しくなったと思ったら今度はむしろ寒いくらいの天候ですね。
 特にこ先月9月は19日連続で雨だったそうで、気分もいまひとつ優れません。
 
 ところで、10月1日は、当事務所の創立記念日です。
 おかげ様で7周年を迎えることができました。

 これもお客様、そして日々支えてくれているスタッフの皆さんのおかげです。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.09.16更新

 植田です。

 今週18日から、クリストファー・ノーラン監督の新作「TENET(テネット)」が公開されます。

 20200916TENET

 長く続くコロナウィルス対策による劇場の封鎖で、今年は夏シーズンの新作映画、特に大作映画の公開が軒並み先送りされましたが、その復活第1弾、と言えるのがTENETです。
 監督のクリストファー・ノーランは、「インターステラー」「ダンケルク」「インセプション」「ダークナイト三部作」などの大作を手掛けたトップクリエイターで、今回も大変な期待作です。

 ただ、ノーランの映画は非常に特徴があります。「時間」をテーマにした、非常に複雑な時間軸の映画が多いのです。

 例えば、ダンケルク。この映画は、第二次世界大戦中、ダンケルクという町に追い詰められた40万の連合軍兵士を民間船などが協力して命がけの脱出作戦を展開したという史実に基づいた映画です。
 映像の迫力もさることながら、この映画は3人の主人公、ダンケルクに残された兵士、それを救出に向かう民間の船長、飛行機で支援するパイロットをそれぞれの視点で描きながら、それぞれ全く違う時間軸で話が進んで、最後に収束するという複雑な展開になっています。


 また、インセプション。
 この映画は、眠っている人の夢に侵入して機密を盗む産業スパイの話ですが、夢の中で夢をみて、その中でまた夢を見る、というふうに段階が進むごとに時間の進みが遅くなっていく、という設定になっています。
 そのため、車が橋から川に飛び込んで着水するまでの2,3秒が、次の夢のレベルでは20分、その次では60分、という感じで引き延ばされていきます。そして目覚めと共に収束していき、最後には現実に戻る、ということになります。


 さらに低予算ですが、「メメント」という映画もあります。
 この映画は、頭にケガをして記憶が10分しか維持できない男性が、自分の妻を殺した犯人を捜そうとするサスペンスです。
 記憶が10分しか維持できないので、10分経つとそこがどこで、なぜそこに自分がいるのか、それすらわからなくなります。

 映画では、それを観客が疑似体験できます。というのは、この映画はラストシーンから始まり、途中回想シーンを挟みながら、逆回りで進んでいくのです。

 例えば、主人公がいきなり酒の瓶を持ってトイレで座っていて、あれ、何でこんなところにいるんだ、と思い、気を取り直してシャワーを浴びていると、突然知らない男が入ってきて格闘になります。
 そしてその次のシーンでは時間が遡り、主人公がある男を襲おうと思い、トイレで(酒瓶を武器として持って)待ち伏せする、ということが語られ、そこで観客はああ、こうやって待ち伏せしていて、10分経ってそれを忘れてしまったのか(しかもシャワーまで浴びて寛いでたのか)、ということがわかるというわけです。
 
 そんな時間を自在に操るノーラン監督ですが、今回のTENETも時間がテーマ。時間を逆戻りする悪の組織と戦うスパイ映画です。
 なんだかこれだけではサッパリですが、予告などを見ると非常にスケールの大きいアクションが逆回しのように展開するシーンがあり、相当複雑な話になりそうです。
 また、ノーラン監督はCG嫌いで有名です。今回も予告編でジャンボジェット機が格納庫に突っ込んでいくシーンがありますが、CGじゃなく実際にジェット機を(1機購入して)突っ込ませています。
 そういうアクションを見るだけでも楽しそうです。
 
 満を持して公開される大作映画。
 ぜひ(マスクをして)劇場で楽しもうと思っております。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.09.08更新

スタッフの山田です。

先週は突然涼しくなったと思ったらまた猛暑、そして台風。
この気候の変化で体調を崩す方も多いと思います。

かく言う私も、恥ずかしながら急性胃腸炎になってしまい、
先週一週間はテレワークという名の自宅療養を余儀なくされておりました。

絶食と、かなり厳しい食事制限により、体重も5日で5kg減ってしまいました。
お医者さん監修のファスティングだと思って頑張ります。
※ファスティングは、とても簡単に言うとデトックス断食のことです。

そしてさらに、胃腸の薬で唾液量を制限されているせいで、喉風邪をひいてしまいました。
OS-1を買い物に行った際、あまりの暑さに人通りがない道でマスクをずらしていたせいだと思われます。
滅多にいらっしゃらないと思いますが、同じ症状をお持ちの方はどうぞお気をつけください。

さて、みなさんはポカリスエット(青)とイオンウォーター(水色)の違いをご存じでしょうか。
またまた恥ずかしながら私は知らなかったのですが、大塚製薬のHPに以下のように記載されておりました。

 『ポカリスエットは発汗初期の汗の成分と同じ電解質組成の飲料で、脱水時に水分・電解質を補給するためにもっとも適した組成です。
  ポカリスエットイオンウォーターは汗をかいていない日常シーンにおいて
  水分・電解質を適切に補給いただけるようナトリウム量や甘味料を調節した、スッキリとした後味の飲料です。』
  ※大塚製薬HP、Q&Aより

ヘロヘロの状態で看護師さんの話を聞いていたのであまり覚えていないのですが、
確か塩分濃度の関係で、腸で吸収できないといわれた気がします(違ったらすみません)。

まだまだ長い戦いになりそうなのですが、早くチャーハンやケンタッキーを食べられるように頑張ります。
みなさまも季節の変わり目、どうぞご自愛ください。

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

2020.09.01更新

 植田です。

 しばらく休んでしまいましたが再開いたします。
 今週はタイムリーな話題を2つお届けします。

 残念ながら、2つとも悪いニュースです。

 昨日31日、新型コロナウィルスについて、ワシントン大学の保健指標評価研究所が、今後の死者数の予想を発表しました。

 これはなかなか衝撃的な発表で、アメリカは12月までに死者32万人(今日現在18万人)に達するほか、日本の死者数も6万人に達すると予想されていることです。

 コロナによる死者数は今日現在までで1200人ほどですが、これが3カ月で50倍にもなるという予想はにわかには信じがたいことでした。

 しかし、日本は直近1カ月のコロナによる死者数が200人を超えており、これはカナダ(200人)と同じ水準。フランス、イギリス、イタリアの300人超に次ぐ水準となっています。

 これを見ると、アジア圏の死者数は欧米に比べて少ないという、いわゆるファクターXを考慮しても、感染が拡大することで死者数も増加するというシンプルなロジックで計算されているように思われ、一定の信ぴょう性があると思われます。

 そしてもしこの予想通りとすると、10月中頃から死者数が顕著に増えはじめ、11月に入ってから1日100人位ずつ死者数が増えていく(1日100人ずつ亡くなるのではなく、今日は200人、次の日は300人というふうに、死者が100人ずつ増加していく)という悪夢のような予想です。

 海外では、日本は(アメリカと同じく)政府がコロナ対策をほぼ何も行われていないと評価されており、今のままで行くとこうなりかねない、という警告だと思います。

 また、コロナも含め、ウィルス性感染症のピークは冬にきます。

 今のところ死者も少なく、コロナを侮った意見も多く聞きますが、もし6万人亡くなれば、今とは景色が全く違うでしょう。

 アメリカの死者数は現在18万人。人口は日本の2.5倍なので、同じ割合で死者が出ていれば日本で7.2万人の死者が出ている計算になります。そう考えると6万人というのは決して荒唐無稽な数字ではありませんし、これだけ亡くなっていたら経済どころの話では無くなるでしょう。
 警戒を緩めるのは早すぎるように思われます。

 これを踏まえて、顧客の皆さんには次のようなアドバイスをしています。

・コロナは早くても来年の春位まではまだまだ終息しない。見切り発車で積極投資に出る時期ではない。
・キャッシュを確保すること。できれば今のうちに借入を増やしてキャッシュを確保し、不測の事態に備えること。 
・ただ、恐れ過ぎない、備え過ぎないことも大事。冷静に必要十分な準備をし、客観的に状況を見ておくこと。
・手洗いと混雑時のマスクは忘れずに。

 今はこの予想が外れることを心から祈っております。
 


 もう一つのニュースは、アメリカの俳優、チャドウィック・ボーズマンが42歳の若さで亡くなったことです。

 20200901

 ボーズマンといえば、マーベルの「ブラックパンサー」。

 ブラックパンサーは当時マーベル作品の最高収益を記録する傑作でしたし、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品の中でも極めて重要なキャラクターでした。
 彼は数年前から大腸がんを患い、ブラックパンサーもその後のアヴェンジャーズ(インフィニティ・ウォー、エンドゲーム)も、闘病しながらの撮影だったそうです。

 ボーズマンは活躍を期待していたので、訃報に接した時は自分でも驚くほどショックを受けてしまいました。本当に惜しい方が旅立ってしまったと思います。
 ご冥福を心からお祈りします。


 来週はいいニュースがお届けできますように。

 

(参考リンク)

 ワシントン大学保健指標評価研究所(日本の予想統計)
 https://covid19.healthdata.org/japan?view=total-deaths&tab=trend

 チャドウィック・ボーズマン(ウィキペディアリンク)
 https://bit.ly/3bbfrzt

 文中のボーズマンの写真は、本人のツイートから転載。
 https://bit.ly/32AtScC

 ブラックパンサー(Amazonプライムビデオ。Disneyプラスでも観られます。)
 https://amzn.to/3jzEzmN

投稿者: 植田ひでちか税理士事務所

前へ
  • メルマガ
  • スタッフブログ